piano

【リラックスに酔いしれる】Lester Young The Jazz Giants ’56 MGN-1056 オリジナル盤も紹介

The Jazz Giants '56

いつもありがとうございます。

よろしければこちらから応援をお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

なんでかな~。

このブログでも、僕は何回か書いてきましたが。

今でこそ、ジャズレコードにハマっていますが。

しかもオリジナル盤。

それ以前は、つまり、20代前半の頃は、とにかくCDでジャズを聴いていたわけで。

しかも、ジャズを聴き始めた理由がひたすら不純で。

好きな女の子がジャズを好きだったから。

今考えれば、

「素敵じゃない?」

とも思えなくもない理由ですが。

まぁ、当時は不純とも叩かれた記憶があります。

でも。

その当時に聴いていたジャズと、今、本格的にオリジナル盤で聴くレコードは同じ「ジャズ」でも結構違うワケで。

それだけジャズの見知が広がったと言えばそうなのかもしれないけど。

人間、趣味嗜好は変わるものだな。と。

でも、なんでだろう。

このレスターヤングだけは変わらず好き。

今回紹介するのは、そんな僕が、CD時代から愛聴を続けてきた、

Lester Young The Jazz Giants ’56

についてです。

Lester Young The Jazz Giants ’56の詳細

まずはカンタンに概要からいきます。

演奏者

  • Lester Young:テナーサックス
  • Roy Eldridge:トランペット
  • Vic Dickenson:トロンボーン
  • Freddie Green:ギター
  • Teddy Wilson:ピアノ
  • Gene Ramey:ベース
  • Jo Jones:ドラムス

有名なプレーヤーばかりですね。

一応、便宜上、

Lester Young 『の』The Jazz Giants ’56

と述べましたが。

最近知ったことですが、これは別に、Lester Young 『の』アルバムというわけじゃなくて。

その名の通り、The Jazz Giantsたちの名演ということなので。

別に、Lester Youngがリーダーとかそういうわけではないらしいですね。

メンバーは後の名作と言われる、

『Pres And Teddy』

とほぼ同じメンバー。

個人的に、注目なのは、このThe Jazz Giants ’56にはVic Dickensonがいること。

『Show Case』で有名な。

案外日本では人気ないのかな?

あの藤岡琢也も愛したプレーヤーですね。

まぁ、とにかくメンバーは素晴らしい。

ベタな表現かもしれませんけど。

Lester YoungとTeddy Wilsonの組み合わせはやっぱり最高です。

A面

  1. I Guess I’ll Have To Change My Plan
  2. I Didn’t Know What Time It Was 

B面

  1. Gigantic Blues 
  2. This Year’s Kisses 
  3. You Can Depend On Me

B1のGigantic Blues のみLester Youngの曲。

どれも名曲ばかりがズラリと並んでいます。

内容

B1のGigantic Blues のみアップテンポで、その名の通り、ギガンティックブルースなわけですが(笑)

それ以外の曲はすべて、軒並みリラックスの曲。

これまでも、このブログでは、

「これぞジャズの入門盤」

と書いてきましたが。

一番その言葉にマッチしているのは、あるいはこのアルバムと、『Pres And Teddy』なのかもしれません。

どちらかというと、このアルバムはレスター・ヤングの後期のアルバムなので。

初期のカウント・ベイシー楽団でブイブイ鳴らしていたときとは全然違って。

「往年の輝きは期待できない。」

などの声が様々なサイトで書かれているのですが。

でも、そのおかげか、このリラックスの演奏が花開いています。

このアルバムほど、夜にお酒を飲みながらゆったり聴くのに適したジャズアルバムはないのではないでしょうか?

それほど、リラックスに酔いしれる名演だと思います。

もちろん、お酒がなくても、飲めない人でも十分楽しめる演奏です。

まぁ、僕がどうこう言うよりも。

実際に買って聴いた方が絶対いい。

オリジナル盤のレコードとは全然音が違いますけど。

CDでもその魅力は十分伝わってきます。

ジャズ・ジャイアンツ’56(紙ジャケット仕様)

Lester Young The Jazz Giants ’56のオリジナル盤

さて、そんなLester Young The Jazz Giants ’56のオリジナル盤レコードの条件を見ていきましょう。

オリジナル盤の条件

  • MONO
  • 深溝
  • コーティングジャケット
  •  Norgran Yellow ラベル(黄NORGRANラベル)

そんなに条件としてむずかしいわけではないんですけど。

2ndになると、ラベルが

Norgran black ラベル(黒NORGRANラベル)

に変わります。

こちらを参照に。

The Jazz Giants ’56 – The Jazz Giants ’56 (Vinyl, LP, Album, Mono) | Discogs

オリジナル盤と思って買ったらレーベルが黒色で2ndということに気づいてガッカリすることのないように。

僕の持っている、Lester Young The Jazz Giants ’56

The Jazz Giants '56-1 The Jazz Giants '56-2 The Jazz Giants '56-3 The Jazz Giants '56-4

「オリジナル?」

といいたくなりますが、残念ながら完全オリジナルではありません。

いや、そういっても過言ではないんですけど・・・

ジャケットのみ2ndカバーです。

(コーティングカバーではありません)

そのうち消すと思いますけど、僕が買ったのはこちらで出品された商品。

【2018年末セール】11/23(祝) US廃盤レコードセール PART.1 | CD・レコードの販売・買取 / ディスクユニオン吉祥寺ジャズ館ブログ 

なんかこれ、失礼ですけど、全然売れてなかったんですよ(笑)

出品されたその日に見たような気がするんですけど、ジャケットが2ndということで怖くて買わなかったんです。

この当時、今よりオリジナル盤の博学がなかったので。

「オリジナルじゃなかったらどうしよう・・・」

と思って躊躇していました。

まぁ、すぐに売れてなくなるだろうな。

と思っていたんですけど。

2019年1月になっても売れ残っていました。

2018年11月の出品品なので、3ヶ月くらい残ってたことになります。

ジャケットが2ndだったからかな?

でも。

いまになればなんとなくわかるんですけど。

ジャケットが2ndで、15,000円台ってこの盤にしては少し高めのような気がします。

だいたい完全オリジナル盤で15,000円くらいで手に入る盤ですから。

(状態がよければもっと高いです)

でも。

今、これを書いていて思いだしたんですけど、ちょっとこの盤を買ったのにはストーリーがあって。

2019年1月の年始セールで。

diskunion jazz tokyo

でLester Young The Jazz Giants ’56が安く出品されていたんです。

あ、厳密にはその少し前に出品された品物ですが。

だいたい、たしか12,000円くらい。

「お、これなら安い!」

と思って、年始に見に行って、まだ在庫があったので試聴したんですけど。

「うーん、ノイズが気になる・・・」

という感じでした。

まぁ、古いレコードなのである程度仕方ないのですが・・・

店員に聴いたら。

「だいたいこのレコードはこのくらいの状態のが多いです。もっと状態がいいのはもっと高いですから。まぁ、そんな状態のいいのも滅多に出ないですけど。」

と言われて、一旦、保留にして店を出ました。

そのとき、さっき上げた、diskunion吉祥寺ジャズ館のLester Young The Jazz Giants ’56を思い出しました。

「そういえば、あのときのあれ、まだ在庫残ってるかな?」

もう、3ヶ月まえの話なのでさすがに在庫はないだろうと思って、電話してみたら、

「ありますよ~。」

とのこと。

以前試聴したときに状態がよかったのを思い出して、もう一度聴きにいったんです。

で、お茶の水から吉祥寺に行って、結局。

その、diskunion吉祥寺ジャズ館に売っていたLester Young The Jazz Giants ’56を購入しました。

繰り返しますけど、今考えたら、

Lester Young The Jazz Giants ’56

で、

ジャケットが2nd

で、15,000円代っていうのはちょっと高かったかな?

と思っていますが。

今、改めて、Lester Young The Jazz Giants ’56を聴いていますけど、後悔はありません。

相場よりは高いのかもしれない(だから売れ残っていた?)けど。

そもそもジャケットは気にしないし。

なにより盤の状態が珍しい、

「B+」

ご存知の通り、Lester Young The Jazz Giants ’56は寛(くつろ)ぎのセッション。

ゆったり聴くのが何よりもの特徴といえる盤なので。

傷によるノイズがあるとかなり目立って音に出ます。

そういう意味では、ぼくが購入したジャケットのみ2ndのLester Young The Jazz Giants ’56は、盤の状態は完璧。

今聴いても、ほとんど全くと言っていいほど、気になるノイズはありません。

やっぱりこの盤に関しては。

多少ジャケットに問題があろうとも。

多少値が張ろうとも、状態のいいオリジナル盤で聴くべき名盤だと思います。

「安くて良い買い物」

とは、一般的には言えないかもしれませんが。

僕はこれでよかったと思います。

少なくとも。

Lester Young The Jazz Giants ’56に関しては。

状態の悪い盤で我慢して聴くよりも。

状態の良い盤でゆったり聴くのが一番だと思います。

特に好きなアルバムはそうですよね。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

このエントリーをはてなブックマークに追加