レコードプレーヤー

【謎?】DP-300-Fレコードプレーヤーで音が途切れる症状の原因と対策

いつもありがとうございます。

よろしければこちらから応援をお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、前回の投稿から少し間が空いてしまいましたが、

 

こちらの記事で、僕がレコードプレーヤーを買い換えたことを書きました。

最初はよかったんです。

「ああ、やっぱり安物のレコードプレーヤーとはまるで音が違う。」

と感動していたんです。

 

ところが・・・

しばらくして、

あるレコードのある曲で、一部音が出なくなる症状

に見舞われました。

 

こりゃ大変・・・

レコード初心者の僕が四苦八苦しながらなんとか解決したその、原因と方法を書いていきます。

まずは僕のレコード環境

まずは、僕のレコード周りの環境を書き記します。

アンプとスピーカー=K-531-B

アンプとスピーカーは、KenwoodのK-531-Bシリーズです。

K531-2

 

ケンウッド コンポ K-531-B [ブラック]

 

メーカーでの生産が完了しているから、今Amazonだとこの価格での出品しかありません。

5万円ですか・・・

僕が買ったのは1年前。

確か駿河屋で購入した1万円くらいの中古。

でも、前の利用者がかなり丁重に扱っていたのか、状態はキレイ。

動作も至って問題なしです。

本格的なオーディオマニアの方には笑われてしまうかもしれませんけど。

スピーカーとアンプに関しては、少なくとも現時点では必要最低限を満たせています。

実は僕がこれを購入したのは、

 

ION Audio レコードプレーヤー Bluetooth対応 USB端子 Air LP 天然木

 

以前使っていたこのレコードプレーヤーでBluetoothでレコードを聴くためでした。

初心者だったとはいえ・・・

オリジナル盤のレコードを、こうしたBluetooth環境で聴こうとしていたのは、今考えれば無謀でしたね(笑)

レコードプレーヤー=DP-300-F

そして、レコードプレーヤーは以前の記事でも紹介した、DP-300-FK

 

DENON アナログレコードプレーヤー フルオート ブラック DP-300F-K

DP300FK

こちらです。

「いい音だ~。」

と思っていたんですけど、まさか一部、音が出ない部分があるなんて想像していませんでした。

ちなみに、敷いてあるのはdiskunionのレコードマット。

 

コルクターンテーブルマット 2mmタイプ

 

この記事を投稿する前日にdiskunionで購入しました。

本当は、5mmにするか迷ったんですけど、昨日店頭で、

5mmと2mmの違いを訊いたみたら・・・

「うーん、正直そんなに音質の面では変わらないかもしれませんね・・・」

と言われたので、2mmにしました。

5mmとの比較はしていないのでわかりませんが、十分音質が向上します。

カートリッジ=AT33MONO

カートリッジはAT33MONO。

 

オーディオテクニカ MC型(ムービングコイル)モノラルカートリッジ AT33MONO

 

AT33MONO

まぁ、これも。

オリジナル盤のMONOレコードを聴くなら、やっぱりMC型のカートリッジにしないとね・・・

ということで買いました。

数あるMC型カートリッジの中で、AT33MONOにしたのは、

「カートリッジの交換が面倒だったから」でしたw。

このAT33MONOなら、ステレオレコードを聴いても盤を傷めることなく聴くことができる、と。

酔ってるときなんかは特に、MC型カートリッジでステレオレコードでかけてしまう自信があったので(泣笑)

無難なAT33MONOにしました。

でも、全然音はいいです。

DP-300-Fで音が一部音が出ない症状と対策

で、ここからが本題。

新しく買ったレコードプレーヤー、DP-300-F。

期待して購入して。

その期待に答えるだけの音質を提供してくれて、喜んで聴いていたんですけど・・・

あるレコードで問題が。

Bill Evans Portrait in Jazzで一部音が出ない!

まずは、こちらを聴いてください。

 

40秒ほどの動画です。

わかりますか?

音が途切れているんです。

ビックリですよね・・・

でも、以前までのレコードプレーヤー、

 

ION Audio レコードプレーヤー Bluetooth対応 USB端子 Air LP 天然木

 

これのときは問題なかったんです。

更に言うと、

 

オーディオテクニカ MC型(ムービングコイル)モノラルカートリッジ AT33MONO

 

カートリッジをこちらに交換したといいましたが、元々、DP-300-Fに付いている既存のカートリッジ(MM型)では問題なく再生できていました。

カートリッジを、AT33MONOに交換したら、上記の動画の様な、

「音がぶつ切れ」

の症状が発生しました。

原因は?

まず、原因として疑ったのは、

AT33MONOでした。

当然ですよね。

カートリッジを交換する前は、問題なく再生できていたんですから。

でも、故障ではないのは確信していました。

というのも、実は、このAT33MONOは2台目だったから(泣)

AT33MONOを買って、すぐにトラブルで針が折れてしまいました。

で、その針が折れる1台目のAT33MONOの時点で、同じように音が途切れる症状が起きていました。

買い換えた2台目のAT33MONOでも同症状が起こっていたことから、

「故障ではない」

ということはわかっていました。

AT33MONOの仕様が原因?

ということは。

DP-300-Fの付属のカートリッジでは、問題なく再生できる。

で、AT33MONOの故障ではない。

ということは、AT33MONOの仕様が原因ではないか?

と疑いました。

なんだかよくわからないけど・・・

AT33MONOでは、このレコードの、A面4曲目。

When I Fall In Love

が再生できないのでは?

と思いました。

ついでにいうと、B面の、Someday My Prince Will Comeでも、同じように音が途切れる症状があったんですけど・・・

もうひとつ疑っていたのは、

レコード盤の原因?

レコード盤の原因も疑いました。

つまり・・・

Portrait in Jazzの原因。

実は購入したこの、Portrait in Jazz。

とある、ネット通販の中古で7万円くらいで買いました。

もちろん、青小の完全オリジナル。

で、その購入したネット通販のお店が初めて利用するところだったので訝しみました。

だって・・・

Portrait in Jazzの完全オリジナルで7万円ですよ?

正直、失敗する覚悟もあって購入していたので・・・

今までは辛うじて聴けていたんですけど、やっぱりMM型カートリッジではノイズが目立つのでMC型で聴いてみたいと思って、AT33MONOとDP-300-Fを購入しました。

言うなれば・・・

今のレコード環境は、Portrait in Jazzのために揃えたといっても過言ではありません。

とにかくそんな、ちょっと怪しいお店?

から購入したので、レコードが原因ではないかとも疑いました。

でも、やっぱり・・・

前のレコードプレーヤー、ion Air LPや、DP-300-Fの付属のカートリッジでは、『音が途切れる』という症状が起こらなかったことから、LPそのものの原因とは考えられないんじゃないか?とも考えました。

では、やっぱり、AT33MONOのカートリッジが原因?

オーディオテクニカに電話してみた

ということで、AT33MONOのメーカーであるオーディオテクニカに電話をしてみました。

すると返ってきた回答は・・・

 

今までそのような(曲の一部で途切れるという)症状は聞いたことないので、驚いています。

 

とのこと。

一応、カートリッジを実際に見せていただけば、検証することもできます。

と言ってくださいました。

誠実に対応してくださいました。

でも・・・

家が比較的近かったので、オーティオテクニカに、AT33MONOと、対象のレコードを持っていって、検証してもらうこともできたんですけど・・・

今更ながらもう一つの可能性が浮上してきました。

DP-300-Fが原因?

ここで、レコードプレーヤーのDP-300-Fの原因を疑いました。

ここまで疑わなかったのは、さっきも書いたように、

ちょっと特殊な環境で、Portrait in Jazzを購入したから。

さらに、付属のカートリッジで再生する分には問題なかったから。

でも、ここで、

Portrait in Jazz以外のレコードでも同じ症状が起こることが判明

しました。

例えば、

ジ・イン・クラウド+2(紙ジャケット仕様)

 

とか、

Complete Trio Sessions

 

とか。

ちなみに、ramsey lewis trio the in crowdは、サンボマスターの山口さんに直接おすすめしてもらったレコード。

最高です。

なのに、その最高のレコードでさえも、音が途切れる症状が。

この時点で、

「音が途切れる症状」の原因が「レコード」の可能性はなくなりました。

少なくとも、Portrait in Jazzのオリジナル盤のレコードではなさそうです。

また、カートリッジの可能性に関しても、正直、オーディオテクニカに聞いてみてもわからなかったことから、可能性としては低いのかな?

と思い始めました。

お手上げ状態になっていたときに、

一緒に住んでいる彼女がレコードを聴いていて、こう言いました。

演奏音が小さくなる部分で音が途切れるね。

と。

確かに、上の動画でも、When I Fall In Loveも、Someday My Prince Will Comeも、音が小さい部分で途切れていました。

そう考えたときに、至ったのが、

「もしかしたら、モノラルカートリッジだから、音を拾える部分に限界がある?」

と思いました。

そこで、レコードプレーヤーDP-300-Fに原因を絞って、

『dp300f 無音 イコライザ』

と、Googleで検索すると、こんな記事が出てきました。

★「見た目も質感も満足だが、ダストカバーの角に付いているゴムが、少しずれているのが気になった。それと内蔵しているフォノイコライザーは、レコードに針を落としているにも関わらず、ソースの音が小さくなると勝手にスイッチが切れるようだ。一度パソコンにつないでクラシック曲を録音したことがあるが、曲中の無音部分でプチプチとイコライザーが切れるのが波形で確認できた。」

『DENON DP-300F』レビュー:カートリッジ交換可能なアナログレコードプレーヤーの音質とは? | 人気オーディオコンポの音質をレビューで評価

やっぱり、同じ症状を報告している人がいたみたいです。

ごく一部ですけど・・・

つまり、この記事によると、

「音が小さくなるとDP-300-Fの内蔵のイコライザがオフになってしまう。」

とのこと。

もちろん、僕も例外なく、DP-300-Fの内蔵イコライザーの機能をオンにしていました。

DENON(デノン)に電話してみた

ということで、その事実を確認するために、今度はDENON(デノン)に電話してみました。

「レコードに関する行動力だけはあるのね・・・」

と彼女に揶揄されながら・・・

で、返ってきた回答は。

音が小さくなったからと言って、内蔵のイコライザー機能がオフになる仕様はありません。

とのこと。

DENONもすごく丁寧に対応してくださって、一緒に原因を探ってくれました。

で、その上でわかった原因は・・・

原因:DP-300-FはMM型カートリッジを使用する前提でつくられている

ということでした。

つまり・・・

DP-300-Fは、MC型カートリッジを使用する前提でつくられていないんです。

正確に言うと、MC型カートリッジだと出力数が少なすぎて、演奏音が小さい部分で拾えなくなってしまうみたいです。

なるほど・・・

「一部のレコードの特定部分で音が途切れてしまう症状」

の原因がわかりました。

その原因は・・・

DP-300-Fの内蔵イコライザー機能を「オン」にしている状態でカートリッジをMC型に交換したから

でした。

かといって、内蔵イコライザ機能をオフにしたら、音が全く拾えません。

対策は?

ということで。

ここまで原因が明らかになったら、対策は比較的シンプルでした。

DENONの方にも改めて確認で、

ということは、別途フォノイコライザーを間にかませて、DP-300-F内蔵のイコライザー機能をオフにすれば、問題が改善する可能性がありますか?

と質問をして太鼓判をいただいたので、今度は別途フォノイコライザーを購入することにしました。

フォノイコライザーを購入で解決!

フォノイコライザーを購入するのはじめてだったのでいろいろ悩みました・・・

最初、買おうと思ったのは、こちら。

 

audio-technica フォノイコライザー AT-PEQ20

 

安いし、MC型、MM型カートリッジ両方に対応しているので、これにしようか、と考えたんですけど、一部口コミを見ると、

『無音時のノイズがヒドい』

という意見もありました。

ここまで散々、ノイズやら無音時やらに悩まされてきたので、もうコリゴリでした(笑)

ということで。

中古でもう少しいいのがないかと模索。

かといって、1万円以上かかるのは少し抵抗を覚えていました。

レコード買いすぎだったので(笑)

つまり、

  • 1万円前後
  • MM型/MC型カートリッジに対応
  • ノイズなどの問題が少ないフォノイコライザー

を探していました。

で、購入したのがこちら。

東京サウンドPE-50

価格は11,880円+送料。

MM型、MC型に対応。

結構前の機種で、メーカーの東京サウンドはもう、倒産しているみたいなので、あまり口コミはなかったんですけど・・・

細かく検索しまくって、あまり悪い口コミがなかったことから購入を決断。

しかも、NF型ではなくて、CR型だったことも購入の決め手でした。

細かいことはよくわかりませんけどw

CR型の方が音がいいという意見も多かったので。

CR型でこの価格ならいいかな?

と思って買いました。

ちなみに、CR型とNF型の違いに関しては、こちらの記事を参考にしました。

https://blog.goo.ne.jp/marucha/e/5089fc4539dacae6ddb36406b470c8d1

https://blog.goo.ne.jp/musica-corporation/e/36a2876e8d71dcb6c01639f6b7062033

ちなみに、他のフォノイコライザーは試していないので、比較はできませんが・・・

個人的には、PE-50で満足しています。

少なくとも、今のところ、不快感や違和感を覚えるようなトラブルは起きていません。

DP-300-Fで音が一部音が出ない症状の対策結果

ここまでをまとめると。

DP-300-Fで一部のレコードの特定箇所で音が出なくなってしまう原因と対策は・・・

  • DP-300-Fが元々、MC型カートリッジを使う前提でつくられていないから。
  • MC型の小さい出力数だと音が拾えないから。
  • 対策としては、間にフォノイコライザーをかませること

でした。

そこで間にかませたPE-50。

その結果がこちら。

あ、もちろん、DP-300-F内蔵のイコライザー機能はオフにしました。

こちらが、実際の再生動画です。

同じく40秒ほどの動画です。

どうです?

問題なく再生できています!

Portrait in Jazzのオリジナルのスゴ音が堂々と再生されています。

ついに、無事問題解決です!

長かった(笑)

まとめ

DP-300-Fの一部のレコード、特定箇所で音が出ないという問題。

原因は、DP-300-FでMC型カートリッジを使用したことでした。

間に、PE-50というフォノイコライザーをかますことで解決した今回のてんやわんや。

たぶん、オーディオに精通している方からすると、

『素人がなにやってんの?!』

っていう感じかもしれませんけど(笑)

僕にとっては一大事でした。

初心者にとってはやっぱりレコードはむずかしいですね(笑)

でも、おかげで。

今は快適にレコードライフを楽しめています。

DP-300-Fでうまく音が再生できないレコードがあったら、今回の僕の経験を参考にしてください。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

このエントリーをはてなブックマークに追加