piano

Kenny Drew trio RLP12-224の魅力とオリジナル盤紹介

ピアノのイメージ画像

多くを語る必要がないともいえるこの作品。

あまりにも有名すぎるのですが・・・

そして、実は僕、これ、オリジナル盤は持っていないんですけど(笑)

今回は、kenny drew trioのRiverside RLP12-224の魅力とオリジナル盤について解説します。

kenny drew trio RLP12-224の演奏

まずは演奏全般について触れていきたいと思います。

演奏者

  • Kenny Drew:ピアノ
  • Paul Chambers:ベース
  • Philly Joe Jones:ドラム

まぁ、この盤の、なんと言ってもの魅力は、このメンバーにあると言えるかもしれません。

1956年に録音されたこのアルバム。

当時の、マイルス・デイビスクインテットのリズムセクションだった、Paul Chambers(ポール・チェンバース)とPhilly Joe Jones(フィリー・ジョー・ジョーンズ)を加えてのセッション。

このリズムセクションだけでも、目を惹かれるのに、更に、生粋のハードバップピアニストと言われる、Kenny Drew(ケニー・ドリュー)の演奏。

もう、まさに聴くものを魅了する演奏する数々になっています。

  • Caravan
  • Come Rain Or Come Shine
  • Ruby My Dear
  • Weird-O
  • Taking A Chance On Love
  • When You Wish Upon A Star
  • Blues For Nica
  • It’s Only A Paper Moon

珠玉の曲の数々ですね。

Kenny Drewのオリジンある曲は2曲で、あとはスタンダードナンバーが中心。

ゆったりと落ち着いた曲から、リズミカルな曲まで。

まさに、ジャズの曲を全体的に網羅した曲目と言えます。

内容

内容は、まさに一級品です。

これ、オリジナルで聴いたらすごいんだろうな・・・

と思いつつ、今は、YouTubeで再生して聴いています。

でも、バックの安定したリズムに、煌びやかなKenny Drewのピアノが色を付けてとても軽快な演奏となっています。

かと思えば、ゆったりと聴かせてくれる曲があったりと。

とにかく、全体的に聴きやすいアルバムだと思います。

ジャズ入門者にもいいんじゃないでしょうか。

オリジナル盤

さて、問題がここですね。

『Kenny Drew trio RLP12-224』

これほど、ジャズレコードコレクターを泣かせるレコードもそうそうないのではないでしょうか?

白ラベルフラットエッジ1stジャケット

Kenny Drew trio RLP12-224の完全オリジナルと言われているのは、

  • レーベルが白ラベル
  • エッジがフラットエッジ
  • ジャケット裏面に記載されている住所が「418west」と記載されている

The Kenny Drew Trio With Paul Chambers, “Philly” Joe Jones – Kenny Drew Trio (Vinyl, LP, Album, Mono) | Discogs

のものです。

フラットエッジとは、レコードの「ふち」の部分の話。

最初期のレコードはここの部分に「盛り上がり」がなかったんです。

つまり、フラットな形状。

でも、それだとレコードをすべり落とす人が多かったので、グルーヴガードと呼ばれる盛り上がりを作ったんだとか。

Kenny Drew trio RLP12-224の完全オリジナルには、このグルーヴガードがなくフラットな形状です。

この完全オリジナルがなかなかに手に入らない。

diskunionで出品されると、すぐになくなってしまうので現物は見たことがないのですが・・・

買い取りリストをみると、「買い取りで40万円」を超えている代物なので、実際に買うとなると50万円以上はしているんでしょうね・・・

す、末恐ろしい・・・

準オリジナル

続いて、Kenny Drew trio RLP12-224の準オリジナル。

うまい例のサイトがなかったんですけど、こちらを参考に。

KENNY DREW TRIO / S.T. (LP) / RIVERSIDE | WAXPEND RECORDS

いわゆる、2ndといわれるやつですけど・・・

こっちの方が現実的。

レーベルが青になっています。そして、レーベルに両溝があるのも条件。

ですが、音は全然良いみたいです。

それでいて、この記事を書いている時点で、出品されているヤフオクの価格は56,000円くらい。

うーん、こっちの方が、賢い買い物と言えるのかもしれません。

とはいえ、レコードに興味がない人からしたら、レコードに5万円も払うのも、信じられないかもしれませんが(笑)

いつか、オリジナルか、2nd(準オリジナル)を手に入れたらレビューしたいと思います。