piano

ビルエヴァンスの『ワルツ・フォー・デビー』は人生を謳っている

ピアノ

ジャズ界に燦然にきらめく名盤の『ワルツ・フォー・デビー(Waltz for Debby)』。

やはり、ジャズ(JAZZ)を語る上では、この名盤の存在を欠かすことはできません。

すでに知っている方も多いかもしれませんが、今回は、そんなワルツ・フォー・デビーの詳細や魅力について書き綴っていきたいと思います。

ワルツ・フォー・デビーの詳細

1961年6月25日に、ヴィレッジヴァンガードというライブハウスでの演奏が録音されたアルバムです。

ジャズといったら、この演奏を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

スイングジャーナルという雑誌で行われた、好きな名盤ランキングでも、堂々1位に輝いています。

演奏者

ビル・エヴァンス:ピアノ

スコット・ラファロ:ベース

ポール・モチアン:ドラムス

この3人によるトリオの演奏です。

いわゆる黄金トリオによる作品。

このトリオによる作品は全部で4作品しかありません。

中でも、この『ワルツ・フォー・デビー(Waltz for Debby)』の人気は格別です。

演奏内容

これまた、僕がわざわざ言う必要もないくらい。

いろんなサイトでも語られている内容です。

ちなみに、厳密には、『ワルツ・フォー・デビー(Waltz for Debby)』は、6月25日に演奏された一部で、もう一部は、『サンデイ・アット・ザ・ヴィレッジヴァンガード』にも録音されています。

こちらも名演なので、近い内にレビューしようと思いますが・・・

今回は、『ワルツ・フォー・デビー(Waltz for Debby)』。

内容がとにかくいい。

まず、始まりのビルエバンスによるピアノの一音。

そこから壮大な物語が始まります。

冒頭から終わりまで。

一切耳が話せない緊張の演奏の数々。

もちろん、ピアノのビルエバンスの演奏もすごいのですが、スコットラファロのベースも格別。

僕は音楽的なことはほとんど無知で、中でもベースの魅力はまだわかりきれていない部分があるのですが。

『ワルツ・フォー・デビー(Waltz for Debby)』におけるスコット・ラファロのベースはメロディアス。

リズム隊であるはずのベースがそこまで大きな色を出すことができるその演奏に、惚れ惚れします。

一曲目の『マイ・フーリッシュ・ハート(My foolish heart)』は、長らく演奏され続けているスタンダード曲ですが、その中でも、この『ワルツ・フォー・デビー(Waltz for Debby)』での演奏は格別です。

ゆっくりと、夜の静けさに楽しむのに、これほど適した曲はないのではないでしょうか。

とにかく、「美しい」の一言につきます。

それでいて、親しみやすい演奏なのも特徴です。

2曲目の表題曲。

『Waltz for Debby』。

ビル・エバンスの姪である「デビイ」のために作られたというこの曲。

リリシズムな曲調の中にも、素晴らしい世界観を連想させるタッチの連続。

愛らしい曲調で誰もが安心して聴ける名演だと思います。

裏話

実はこの当時、ビル・エバンスのライブはさほど、人気が高くなかったようで。

このライブ、ヴィレッジヴァンガードにおける観客も、知り合いなどを呼んできてもらったらしいです。

だから、演奏中に話し声や、グラスの響く音。

さらには地下鉄の電車が走る音まで聴こえてくるんですね。

最後の曲、『デトゥアー・アヘッド』の演奏終了後に聞こえる男性の笑い声。

あれはもはや、語り草とも言えますね。

レーベル

レーベルはリバーサイド(Riverside)です。

ビル・エバンスは多くの録音をこのリバーサイド(Riverside)で残しています。

オリジナル盤

レコードのオリジナル盤は、MONOがRLP-399、STEREOがRLP-9399です。

どちらもかなり高額です。

モノラルはdiskunionなどのレコード店で20万円近くで取引されています。

ステレオでも、10万円以上するのが相場です。

ですが・・・

希少価値で言うと、断然、ステレオ。

僕も、やはり、「ジャズ好き」を語るからには、モノラル、ステレオ。

どちらのオリジナル盤も求めました。

結果、両方手に入れたのですが・・・

(ステレオは本当に珍しい。僕が買ったのはヤフオク(Yahoo!オークション)だったのですが、それ以降、ほとんどヤフオクにもステレオ盤は登場しません)

モノラルは針飛びをするほど、状態があまり良くなかったのと。

やっぱり聴き比べた結果、ステレオのクリアな音質の方が、ビル・エバンスのピアノの綺麗さを存分に楽しめるような気がしたので。

モノラル盤を売ってしまい、ステレオのオリジナル盤のみ手元に残っています。

でも、聴けない・・・

さぞや、『ワルツ・フォー・デビー(Waltz for Debby)』のステレオオリジナル盤を愛聴しているのか・・・と思いきや(笑)

実はそんなに聴けていません(笑)

演奏が凄い・・・

凄すぎるので(笑)

気軽な気持ちで聴けないんです。

演奏そのものは、すごく深く、素晴らしいのですが。

「さ~て、今日は、『ワルツ・フォー・デビー(Waltz for Debby)』でも聴こうかな。」

なんていう気軽な気持ちでは聴けないんです。

心構えを落ち着かせて、しっかりと向き合わないと聴けないんです(笑)

考えすぎかもしれないんですけど。

そのくらい。

『ワルツ・フォー・デビー(Waltz for Debby)』のステレオオリジナル盤は、「緊張を強いる」音楽とも言えるのかもしれませんね。

もちろん、良い意味でですよ。

『ワルツ・フォー・デビー(Waltz for Debby)』総評

と、まぁ、いろいろ書いてきましたけど。

『ワルツ・フォー・デビー(Waltz for Debby)』。

人生で必ず一度は聴くべき名盤です。

ジャズ界で人気が高いままなのも頷けます。

YouTubeとかで聴くのではなくて。

せめてCD。

できればレコードで聴くのがおすすめです。

ビル・エバンスが奏でる世界観にグイグイ引き込まれます。

まさに、『ワルツ・フォー・デビー(Waltz for Debby)』は、人生を謳っている名演と言えるかもしれません。