ピアノ

【味わい】Chick Corea Return To Forever ECM 1022 ST

Return To Forever

はじめに断っておくと。

僕は、エレクトリックジャズを、まだそんなに好きになれません。

マイルス・デイビスが、エレクトリックジャズ旋風を巻き起こしたことで、モダンジャズの時代が一変。

エレクトリックジャズが一世を風靡したのは知っていますけど。

やはり、モダンジャズ。

あのハードバップのすべてを吹き飛ばすような「行きすぎた演奏」や、ビルエバンスの「リリシズム」と言われる演奏と比べると。

エレクトリックジャズは、全く異風のように思えるからです。

そんな中でも。

スウイングジャーナル誌で行われた、好きなジャズアルバム100枚の中で。

ジャズ名盤ベスト100 ― 1~10位 | ジャズ名盤紹介サイト JAZZCD.JP

10位に選ばれるほどの名盤という理由で。

ジャズのオリジナル盤を集め始めた僕は、この

Chick Corea Return To Forever

を購入することになりました。

はじめは正直。

「うーん、やっぱり、エレクトリックジャズだな・・・」

と敬遠してしまって。

買ってからしばらく、聴かなくなってしまいました。

オリジナル盤なのに・・・

でも、それからも。

なんとなく、ジャケットが目に入って聴いていく内に。

Chick Corea Return To Foreverが醸し出す「味わい」に少しずつ気づき始めました。

今日の投稿では、そんなChick Corea Return To Foreverの魅力とオリジナル盤について紹介していきたいと思います。

演奏

まずは、Chick Corea Return To Foreverの演奏の詳細から触れていきましょう。

演奏者

  • Chick Corea :ピアノ
  • Flora Purim :ボーカル
  • Joe Farrell :フルート
  • Stanley Clarke:ベース
  • Airto Moreira:ドラムス

正直に言います。

ほとんど知らない人ばかりです(笑)

もちろん、有名なアーティストばかりなんでしょうけど、僕の無知故、お許しください(笑)

ベースのスタンリー・クラークは有名ですね。

でも、それ以外は・・・

すいません。

曲目

  1. Return To Forever
  2. Crystal Silence
  3. What Game Shall We Play Today
  4. Sometime Ago – La Fiesta

スタンダードナンバーではなくて。

エレクトリックジャズ用に、用意された曲目ですね。

最初はこのオリジナル曲の連続に、あまり耳が慣れないかもしれません。

内容

「噛めば噛むほど味わいが出る。」

そんな名盤だと思います。

最初はほんとうに受け入れることができませんでした。

「オリジナル盤というだけで買うんじゃなかったな・・・」

なんて思ってしまったほど。

でも、これがまた、聞き続けていく内に本当に味わいが出てくる。

ジャケットの写真の場所にまるでいるような。

ジャケットの写真のカモメのように。

悠々と大海原の上を飛んでいるような。

そんな錯覚すら覚えます。

このアルバムが発売された当初は、従来のジャズファンからは批判的な声が多かったみたいですね。

でも、やっぱり聴きやすい。

感動すら覚える演奏と歌声。

うーん、とにかく、リラックスして聴くにはこのアルバムがいい。

なるほど。

「ジャズ」というのはなかなか形式しがたいアルバムかもしれませんが。

このアルバムが、スウィングジャーナル誌の投票で10位に選ばれたのも、なんとなくわかります。

とにかく、心地よい演奏といのがピッタリな形容だと思います。

ちなみに、このアルバムが発売された当時は、

『Return To Forever』

はアルバム名でしたが、このアルバムをきっかけに、Chick CoreaはReturn To Foreverをバンド名に。

数多くの演奏を、『Return To Forever』バンドとして残しています。

オリジナル盤

さて、そんな優美な哀愁を与えてくれる当該アルバムですが。

実はオリジナル盤は紛らわしい(笑)

Return To Foreverをオリジナル盤で買おうと思っている方は、ここに注意してください。

「背文字ナシ」がオリジナル

diskunionHMV Record Shopなどにいくと、よく、Return To Foreverのオリジナル盤「らしきもの」を見かけます。

はじめ、Return To Foreverオリジナル盤の基準をよく知らなかった僕は、プライスカードに書いてあった、

『背文字ナシ』

『背文字アリ』

の表記を見て、

「なんだ。背文字がなにかよくわからないけど、「ない」よりは「ある」方がいいよな。

という安直な理由で、『背文字あり』を買おうとしていた時期がありました。

一般的には、『背文字ナシ』が完全オリジナルとされているので注意してください。

オリジナルの条件を見てみましょう。

  • ドイツ盤
  • STEREO
  • 背文字ナシ
  • レーベル番号:ECM 1022 ST
  • 緑色レーベル

です。

「背文字」というのはここのことです。

背文字

ジャケットの横の部分のことです。

ここに、アルバム名とか、アーティスト名が書いてあるバージョンはオリジナルはオリジナルですけど、「完全オリジナルじゃない」のでご注意ください。

まぁ、オリジナルと完全オリジナルの音の違いは比較していないので、わからないんですけど・・・(笑)

ということで。

Chick Corea Return To Foreverの完全オリジナルを探す場合は、上記の点に注意しましょう。

ジャケット表 ジャケット裏 盤面

でもやっぱり。

Chick Corea Return To Foreverを買うなら完全オリジナルだと思います。

音も良いし、雰囲気をじっくりと味わうなら間違いないですね!