trumpet

brown and roach incorporatedの魅力とオリジナル盤

Incorporated

言わずと知れた、CLIFFORD BROWN(クリフォード・ブラウン)とMAX ROACH(MAXローチ)の双頭バンドによる名演。

この、『Brown And Roach Incorporated』は、CLIFFORD BROWNとMAX ROACHが、エマーシー(EmArcy)レーベルに残した第一弾のアルバムのようです。

エマーシー(EmArcy)レーベルについてはこちらの記事でも解説しているので参考にどうぞ。

で、今回は、そんなエマーシー(EmArcy)レーベルで残されたアルバムのひとつ、『Brown And Roach Incorporated』について解説します。

演奏

では、その演奏の詳細について書いていきます。

演奏者

  • George Morrow:ベース
  • Max Roach:ドラムス
  • Richie Powell:ピアノ
  • Harold Land:テナーサックス
  • Clifford Brown:トランペット

このアルバム、『Brown And Roach Incorporated』は、他の、CLIFFORD BROWN & MAX ROACHのアルバムに比べて、いまひとつ、人気が少ないように思えるのですが。

でも、このメンバーがすごい!

ジャズ初心者寄りの僕には、テナーサックスとベースの方はあまりよく知らないのですが汗

ドラム、ピアノ、トランペットはすごいですね!

ドラム、トランペットに関しては、語る必要はないと思いますけど、リッチーパウエルは、かの有名なジャズピアニスト、「バド・パウエル」の弟ですからね・・・

演奏もすごい。

ちなみに、後の、CLIFFORD BROWN & MAX ROACHのバンドでは、テナーサックスがソニー・ロリンズに変わっています。

ヤバイですね(笑)

  1. Sweet Clifford
  2. I Don’t Stand A Ghost Of A Chance With You
  3. Stompin’ At The Savoy
  4. I’ll String Along With You
  5. Mildama
  6. Darn That Dream
  7. I Get A Kick Out Of You

曲がまた、いいんですよね~。

これぞ、ハードバップ!と言いたくなるような名曲と名演の数々。

やっぱり、このアルバムの中では、有名な、『Darn That Dream』を注目曲として取り上げる方が多いようですけど、僕としては、『I Get A Kick Out Of You』。

この爽快感がたまらないです!

内容

A面は、いつも通りのイカしたハードバップ。

B面はやや、落ち着いた雰囲気?

でも、『I Get A Kick Out Of You』で様変わりします。

この曲を聴くために、このアルバムを買っても良いんじゃないか?

っていうくらい、すごい爽快です。

ハードバップの神髄、ここにあり!

みたいな感じです。

オリジナル盤

恒例のオリジナルシリーズ。

僕は、最初。

「完全オリジナル」と思って、今のレコードを手に入れたのですが、あとで気づいたのですが、残念ながら、完全オリジナル盤ではありませんでした。

けど、これはこれで結構珍しいものす。

完全オリジナルは大ドラマーラベル

エマーシー(EmArcy)レーベルの完全オリジナルとされることが多いのが、「大ドラマーラベル」。ドラマーに大きなドラマーの形が刻印されているタイプです。

多分に漏れず、この『Brown And Roach Incorporated』も、完全オリジナルは、大ドラマーラベルです。

Mercury Records Collection: EmArcy MG-36008: Brown And Roach Incorporated

こちらのサイトの下部の方に出てくるレーベルがそうです。

完全オリジナル盤は、なかなか出てくるものではないと思いますが、CLIFFORD BROWN & MAX ROACHのバンドの中では、比較的安い方かもしれません。

少なくとも、一番有名な、Study In Brownなんかと比べると。

そういう意味では、比較的手にしやすい、CLIFFORD BROWN & MAX ROACHの完オリかもしれません。

小ドラマー銀縁あり

Incorporated1

で、これが僕が持っている盤。

Incorporated2

わかりますか?

レーベルの周りに銀縁があります。

最初、このレコードを買ったときに、

「なんだ、完全オリジナルじゃないんだ・・・」

とガックリしたんですけど。

この「小ドラマー」で「額縁あり」っていうのは結構珍しいらしいです。

参考:Mercury Records Collection: コラム: エマーシー四方山話、中編 / A Few Facts About EmArcy Label, Pt.2 (Page 4 of 7)

その上、

Incorporated3

この『YMG』スタンパーっていうのも珍しい。

大ドラマーだったら、YMGスタンパーなんですけど、小ドラマーは『MG』から始まるスタンパーが中心です。

要するに、僕の持っている、『Brown And Roach Incorporated』は「完全オリジナルじゃないにしても珍しい」盤のようです。

小ドラマー額縁なし

一般的な「セカンド」と言われるバージョンはこちらです。

2ndですが、十分に音はいいと思われますので、見つけたら、買う価値アリだと思います。

まとめ

CLIFFORD BROWN & MAX ROACHの双頭バンドによる演奏の『Brown And Roach Incorporated』。

『Study In Brown』や、アルバムの方の、『Clifford Brown And Max Roach』に比べると比較的安価でオリジナルや2ndが手には入って、それでいて、十分にCLIFFORD BROWN & MAX ROACHの魅力を楽しめるので、もし、オリジナル盤で見つけたら即買いの一点だと思います。